I burn everything for justice "正義の為に全てを焼き尽くす"

finalfantasyXIVのスクリーンショット加工より。

Patch4.0により、自分としてはかなり操作が容易くなり戦闘を楽しめるようになった黒魔道士。今まではバフアイコンとのにらめっこ状態が続き、よく範囲攻撃を喰らいまくっていたのを思い出します。

Patch4.0の中では群を抜いて黒魔道士のアーティファクト装備が好きです! ゴテゴテ感が堪らないです。



目線変更の加工
元スクリーンショットがこちら。自分にとってこの構図からはすごく不自然に感じてしまった目線。なので今回はこの目線を変更した際の加工方法を載せたいと思います。今回も使用アプリケーションはMedibang paintになります。



まずは背景の切り取り。そして不自然に感じてしまった目線を変更する為に、瞳を切り取ります。(ちょっと怖いw) 後で合成をかけた時、周りと馴染ませやすくする為に少し大きめに切り取ります。



そしてこれが切り取った瞳。これを先ほどの瞳を切り抜いたレイヤーと重ねます。重ねる時は瞳レイヤーを下側に。重ねた後は変形を選択し瞳レイヤーを自然な位置へ移動させます。今回はかざした杖の方向へ目線をもっていきました。



目線を自分の希望する方向へ移動させた後は、移動の際に余白となってしまった白目などを描き込んでいきます。

その後、色合いなどを調整し完成。エモートなどで目線が不自然になってしまった時に使える加工方法だと思います。

Of artwork

ファイナルファンタジーXIVの スクリーンショット加工を中心に ◆ 当ブログに掲載している加工画像、また ブログ更新は全てスマートフォン(iPhone)にて 行っています 記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の商標、または登録商標です Copyright (C) 2010 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

0コメント

  • 1000 / 1000